パスケース製作

JUGEMテーマ:

こんにちは。

 

「Restive Horse Ground 革教室」の堀田です。

 

 

 

前回は革を4枚重ねて縫うところまでご紹介しました。

 

今日はパスケースを仕上げますよ。

 

 

まずはヘリ落としを使って、端の角を切り落とします。

端の裁断面に丸みをつけていくイメージです。

 

革小物

 

ポケットの縁の処理が写真でご紹介できませんでしたが、同じように処理しています。

 

ヘリ落としを使うのは角度が難しいです。

少しヘリ落としの前を上げて、いい角度をつかむとスーッと進みます。

 

 

ヘリ落としを使うのが難しいところは紙やすりで。

 

 

 

角が落ちたら紙やすりをかけ、コバ磨き用の溶剤を塗ります。

他の部分につかないように気をつけて。

 

溶剤が乾いたら、スリッカーで磨きます。

毛羽立っていた裁断面にツヤが出て来ます。

 

 

革小物

 

きれいにツヤが出たら同じところに紙ヤスリをかけて、ツヤを落としてしまいます。

せっかくきれいにツヤが出たのにちょっとびっくりな行程なのですが、その後

 

 

溶剤を塗る。

スリッカーで磨く。

紙ヤスリをかける。

 

 

この行程をもう一度繰り返し、さらに

 

 

溶剤を塗る。

スリッカーで磨く。

 

これで、端の処理が終了です。

溶剤は3回塗ることになります。

 

 

 

角にハトメをつけました。

 

革小物

 

とうとう完成です!!

 

革小物

 

革小物

 

革小物

 

初めての作品です。

小さな作品ですがたくさんのことが学べ、何より作業が楽しかったです。

 

 

これからも製作の記録を少しずつしていきますので、よろしくお願いします。